ジャンドゥーヤとは?プラリネとは何が違うの?

f:id:aisakayo:20210904110332p:plain

ジャンドゥーヤを知っていますか?ボンボンショコラの中身によく入れられていますが、実際はよくわからず食べていたりしませんか?

もちろん、由来や詳細を知らなくてもおいしいですが、知っていればもっとおいしくなります。

ジャンドゥーヤとは?

【公式】カファレル・caffarel ジャンドゥーヤ・フォンデンテ

ローストしたヘーゼルナッツをペーストにしてからチョコレートを混ぜたもので、最初に作ったのはイタリアピエモンテのチョコレートメーカーであるカファレルです。

ナポレオンの時代にカカオ豆の輸入が難しくなり、イタリアの名産であったヘーゼルナッツを混ぜ込んだのが始まりです。

ちなみに、カカオ豆よりも大量に収穫できる地場産のヘーゼルナッツを使ったほうが値段も安くできました。

名前の由来はこれは仮面をつけて行う即興劇である歌劇「コンメディア・デッラルテ」の正直者の農民であるジャンドゥーヤから名づけたそうです。

プラリネとの違いは?

ローストしたヘーゼルナッツと砂糖を混ぜ、ペーストにしたものがプラリネです。つまり、ジャンドゥーヤとの違いはチョコレートが入っているかどうかになります。

おすすめのジャンドゥーヤ

カファレル

f:id:aisakayo:20210904091915j:plain

ジャンドゥーヤといったらカファレルは外すことはできません。濃厚な甘さにファンも多いです。

有楽製菓ブラックサンダー・ジャンドゥーヤ」

有楽製菓 ブラックサンダー優雅な余韻ジャンドゥーヤ 1本 ×20袋

ジャンドゥーヤを身近な場所で楽しみたいのなら、ブラックサンダーです。値段は安いですが、しっかりとヘーゼルナッツの香りが感じられる本格派の味わいです。 

ジャンドゥーヤクリーム

f:id:aisakayo:20210904104156j:plain


ジャンドゥーヤはお菓子以外にもクリームとしても販売されています。パンやアイスにトッピングしたり、お菓子の材料に使うことができます。

ジャンドゥーヤは手作りできる

作り方を知ると少しハードルが高そうに感じますが、実は難しくはありません。一番難しいのはスーパーではなかなか売っていないヘーゼルナッツの入手だと思います(笑)今回はクラシルのレシピのリンクを貼っておきます。このレシピではヘーゼルナッツの代わりにアーモンドを使用していますが、お好みのナッツでいいそうです。お家で簡単 ジャンドゥーヤ 作り方・レシピ | クラシル

ジャンドゥーヤを味わってみて!

ジャンドゥーヤはヘーゼルナッツとチョコを混ぜ合わせたペーストです。

原料であるヘーゼルナッツは洋菓子ではありふれた素材で、ヨーロッパでも一般的に出回っていますが、日本では高価に分類されるナッツだったりもします。

一番最初に作ったのはイタリアピエモンテのチョコレートメーカーであるカファレルで、ナポレオンの時代にまでさかのぼります。

カカオ豆が輸入できなくなったため、カカオ豆節約の一環として苦肉の策で生まれたジャンドゥーヤですが、今でも親しまれているお菓子です。