チョコレート用語「バロタン」とは?

f:id:aisakayo:20211125062552p:plain

バロタンとはご存知ですか?

チョコレート好きの方の中にはコレクションする人もいるのですが、一般的にはなじみのない言葉ですね。

今回はバロタンについて紹介します。。

バロタンとは?

f:id:aisakayo:20211114191813j:plain

ボンボンショコラのような一口サイズのチョコレート菓子を入れる箱のことです。

転じて、バロタン200gという感じで商品名になっていることもあります。こういう商品名の場合、入っているのはもちろん一口サイズのチョコレート菓子です。

この箱が作られたのは1915年です。ベルギーのチョコレートメーカーであるノイハウスの経営者の奥さんがギフト用に使える丁度いいチョコレートの入れ物を考案しました。

日本とヨーロッパでも違うバロタン

日本のバロタンは仕切りがあるのですが、ヨーロッパのバロタンには仕切りがありません。

仕切りがあるバロタンは日本向けであることが多いそうですが、現在は世界的にも仕切り付きが主流になりつつあるそうです。

なお、日本でも海外メーカーのチョコレートを買ったりすると仕切りがないバロタンに入っていることもあるので、機会があれば手に入れることはできます。

バロタンも観賞しよう!

バロタンは一口サイズのチョコレートのお菓子を入れる箱で、1915年にベルギーのチョコレートメーカーであるノイハウスで作られました。

失礼ながら、ブログ主は箱には一切の興味がないため、今まで見向きもしてきませんでした。

ただ、各ショップはバロタンのデザインに力を入れているので、きちんと観て楽しもうと思いました。