健康な成人はチョコレートを一日どれくらいなら食べてもいいの?

f:id:aisakayo:20210630181624p:plain

健康や美容にいいとされるチョコレートですが、一日の適量はどれくらいか知っていますか?

イカカオチョコは糖質も低めなので、ダイエッターのおやつの定番となっていますが食べ過ぎは考え物です。

また、健康や美容にとってもメリットが強調されるチョコレートですが、カフェインやテオブロミンによるデメリットもあります。

今回は健康や美容の観点から見た成人の適量とカフェインの観点から見た成人の適量について解説します。

 健康・美容の観点から見た成人の適量

f:id:aisakayo:20210630175625j:plain

健康な成人であれば、ハイカカオチョコを1日50gまで食べても健康に大きな影響は出ないそうです。

美容や健康を意識してなら、1日に数回に分けてカカオ分が高いハイカカオのチョコレートを合計25gほど食べるのがいいとされています。

カフェインの観点から見た成人の適量

f:id:aisakayo:20210630175113j:plain

チョコレートにはカフェインやが含まれています。このカフェインへの耐性は人によって違い、弱い人は焦燥感や動悸などを感じやすいというデメリットがあります。

人によっては神経症パニック障害といった症状が悪化することがあるそうです。

また、薬膳では更年期がひどい時はチョコレートのような刺激物は控えるように指導を受けることもあります。

ブログ主はカフェインへの耐性が低く、摂りすぎると、異常に神経質になったり動悸や呼吸が荒くなったりするうえに、更年期も悪化し、とてものぼせます。

ただし、チョコレートやカフェイン系を控えると症状は劇的に改善します(でも、チョコ好きだから、我慢するのめっちゃ辛い😞)。

チョコレートの適量を見極めよう!

チョコレートは栄養豊富で美容や健康にも良いとされていますが、一日の摂取量は個人で違うので自分で適量を見極める必要があります。

カフェインへの耐性が高いのであれば、1日50gほど食べてもネガティブな影響はなく、チョコレートの健康面のメリットのほうを多く享受できるでしょう。

一方で、カフェインの耐性が低いと焦燥感や不安、動悸など心身的な症状が現れやすくなり、生活に支障が出ることもあるので注意が必要です。

チョコレートは健康にいいと謳うサイトや本はカフェインでのデメリットを伝えてないことが多いので、耐性が低い人は健康にいいからと食べ過ぎないようにしましょう。