マンディアンとはどんなチョコレート?由来や本来のトッピングについて解説

f:id:aisakayo:20210501070323j:plain

簡単に作れるチョコレート菓子としてすぐにあげられるのがマンディアンです。

チョコレートを溶かして形を作ってトッピングして固めるだけなので、特別な道具も技術も不要で失敗しづらいのが最大の魅力。

ただし、トッピングセンスは必要なチョコレートだとは思います。作ったことがありますが、センスがないからかおいしそうに見えなかった……。

今回はマンディアンの由来や本来のトッピングについてつらつらと書き連ねていこうと思います。

マンディアンとは?

f:id:aisakayo:20210504203040j:plain

冒頭でも書きましたが、マンディアンはコインのように平べったい丸いチョコレート生地の上にナッツやドライフルーツを乗せたお菓子です。

コイン型なのでメダリヨンと呼ばれることもありますし、パレットショコラと呼ばれることもあります。

呼び名はどうであれ、ドライフルーツやナッツで装飾を施していることに変わりはありません。

通常はコイン型をしていますが、スクエア形もマンディアンとして売られていることがあります。

マンディアンの由来と本来のトッピング

f:id:aisakayo:20210504203214j:plain

マンディアンはフランスアルザス地方で作られたと言われています。

元々、フランス語で托鉢修道士を意味していて、トッピングのナッツやドライフルーツも以下の4種類と決められていました。

 

・レーズン

・ヘーゼルナッツ

・アーモンド

・干しイチジク

 

上記は4つの修道会(ドミニコ、カルメル、フランシスコ、聖アウグスチノ)の修道士の服の色をイメージしているそうです。

作り方

f:id:aisakayo:20210504203424j:plain

マンディアンは簡単に作ることができます。

一番簡単なのは板チョコを溶かして、クッキングペーパーの上にスプーンで落とし、トッピングする方法です。

ただ、この方法はチョコがきれいに円になりづらく、見栄えが悪くなりがちなので、プレゼント用にするのだったらケーキトレーなどにチョコを流し入れましょう。

マンディアンを作ってみよう!

マンディアンは溶かして乗せて固めるだけなので、簡単に作ることができ、特別な道具も技術も不要なところも作りやすいポイントです。

本来のトッピングはアーモンド、レーズン、干しイチジク、ヘーゼルナッツですが、現在はこだわりなく好きなナッツやドライフルーツをトッピングすることが多いです。