チョコレートサラミとはどんなお菓子?

f:id:aisakayo:20210930111217p:plain

チョコレートなのにサラミという不思議な名前を持つチョコレートサラミについて紹介します。

チョコレートサラミとは?

f:id:aisakayo:20211005202004j:plain

起源

溶かしたチョコレートに荒く砕いたクッキークッキーやナッツ、ドライフルーツを混ぜて、丸太状に固めたイタリアやポルトガルの伝統的なチョコレートのお菓子です。

19世紀後半から20世紀初頭頃にシチリア辺りで誕生したとされ、イタリアでは伝統農業食品PAT)に登録されています。

イタリア語ではサラミあるチョコレート、ポルトガル語ではチョコレートチョリソーやサラミデチョコレートと呼ばれます。

家庭で広く手作りされたり、大衆レストランでコーヒーと一緒に提供されたりととてもポピュラーな庶民的なお菓子です。

名前の由来

丸太状に固めたチョコレートの断面を切ると、クッキーやナッツが白い塊に見えます。その様子が、サラミの脂肪に見えるということで、チョコレートサラミと名づけられました。

チョコレートサラミの材料

f:id:aisakayo:20210930111855j:plain

チョコレートサラミの材料と作り方は前の項でも簡単に触れましたが、多くの国に普及していることもあり、それなりにバリエーション豊富です。

伝統的なチョコレートサラミの材料はカカオ分が高いダークチョコレート、バター、卵、ビスケット、砂糖、粉糖で、ナッツは入っていません。

伝統的なレシピは卵が入っていますが、現在では卵を使わず、牛乳や生クリームに置き換えていることも少なくありません。

チョコレートではなく、ココアをたっぷりのバターと混ぜて作るレシピもあります。

ビスケットに関しては全粒粉か紅茶のビスケットのような風味豊かなものを使用するようにと指定するレシピもありますが、ポルトガルでは本国で有名なマリアビスケットで作ることが多いそうです。

日本の場合、ミルクかビターのチョコレート、生クリーム、ドライフルーツ、ナッツ、クッキー、マシュマロ、粉糖が基本で卵とバター、砂糖は使いません。

チョコレートサラミの基本的な作り方

デリッシュキッチンの動画が分かりやすかったのでリンクを貼っておきます。

www.youtube.com

チョコレートサラミを作ってみよう!

チョコレートサラミはイタリアやポルトガルの伝統的なデザートで、家庭でも広く作られているかなりポピュラーなお菓子です。

基本的にチョコレートを溶かして、温めた生クリームと混ぜて、材料を入れて混ぜて、冷やし固めるだけなので失敗が少ないので、お菓子作り初心者にもおすすめです。