ブラックとビターのチョコレートの違いは?

f:id:aisakayo:20201208160505j:plain
ふわっと思ったことがあります。

「そういえば、ブラックとビターのチョコレートの違いって何だろう?」って。

正直、ビターもブラックもカカオ分が強そうなので、苦いというイメージはありますが、実際、どのようにカカオ分などが違うのでしょうか。

同じような疑問を抱いた方もいるのではと思い、調べたついでにブログ記事にしました。

ブラックチョコレートとは?

f:id:aisakayo:20201201144053j:plain

ブラックチョコレートはミルクといった乳成分が入らないチョコレートの総称で、カカオ分が40%から60%くらいのチョコレートを呼ぶことが多いです。

つまり、主な材料は下記が中心ということになります。

 

カカオマス

ココアバター

・砂糖

・乳化剤

 

他には色と風味づけのココアが入るくらいでしょうか。

ただし、乳成分が少しくらい入っていてもブラックと名乗る商品もあり、上記の条件が絶対に満たされているわけではありません。

ビターチョコレートとは?

f:id:aisakayo:20201208160257j:plain

ビターチョコレートも実はブラックチョコレートの一種で同じものと考えて問題ありません。

ビターチョコレートとブラックチョコレートに正確な違いはないのです。

同じようなチョコレートは他にもある

f:id:aisakayo:20201201143957j:plain

ブラックとビターチョコレートに大きな違いはなく、メーカー側の呼び方の違いでしかないのですが、同じチョコレートは他にもあります。

それが、

 

・プレーン

・スイート

・ダーク

 

基本的にはこちらも明確な違いは存在せず、ブラックとビターと同じか似たものです。

せいぜい、スイートがもう少し甘いというくらいでしょうか。プレーンはもちろん乳成分は入っていません。

個人的ににはダークのほうがカカオ分がより高く、苦みが強いというイメージがあります。

ブラック・ビターの商品別カカオ分

明治 明治ブラックチョコレート 50g×10箱


ブラックとビターに違いはありませんが、製品によってカカオ分には若干の差があります。

多くのスーパーでよく見る3商品を比べてみます。

 

明治「ブラックチョコレート」カカオ分35%から40%

ロッテ「ガーナブラック」カカオ分50%

森永「カレ・ド・ショコラクラシックビター」カカオ分55%

 

明治ブラックチョコレートが一番カカオ分が低いです。一般的には40%以上がブラック(ダーク)を名乗れるので、ギリギリといえるでしょう。

スーパーやコンビニで買えるブラックやビターと称するチョコレートは乳成分が入っているものが多いので、ミルクよりも甘くない商品の総称ともいえそうです。

なぜブラックやビターという言葉が生まれたのか?

f:id:aisakayo:20201116121347j:plain

この項目はブログ管理人の推測であり、確実性のある内容ではないことをご了承ください。

カカオ分50%前後のチョコレートを言い表すのに、通常ならば、ブラックやダークのどれかだけで良さそうですが、現在は複数の言葉が存在しています。

日本語はある特定の言葉に、「ダサい」や「古臭い」「新鮮さが欲しい」「イメージを変えたい」と思った時、別の言葉に置き換わるという現象が起こるのだそうです。

具体例としてはデザートがスイーツになったということがあります。チョコでも同じことが起きたのですが、完全に置き換わることなく、乱立したのかもしれません。

ブラックもビターもおいしく食べよう

ブラックもビターも同じものと考えて問題ないです。ややこしいですが、消費者はブラックだろうがビターだろうが表記を変えることも統一することもできません。

できることがあるとしたら、気にせず購入することだけです。

この記事を読んでくれているということはきっとチョコレートが好きな方なのではないでしょうか。

購入したら、あとは食べるだけです。細かい言い回しの違いなんてもう気にせず、今日も明日もおいしく、チョコレートを食べましょう。